いつも困っている

家事と育児(三人姉妹で二人は双子)に対峙する男の日々

主夫篇

二度目の自宅待機に困る!(主夫篇)<ぎっくり腰から陽性へ>

「双子のクラスで新型コロナ陽性」 困ったことがあった。 新型コロナの感染対策はいろいろと変わっている。デルタ株と言われた頃は危険だということもあって、感染者が出ると大騒ぎだった気もする。そしてその後のオミクロン株などでは、自宅待機期間の方が…

出窓に困る!(主夫篇)<エアコンがつけられない部屋>

困ったことがあった。 僕がいま住んでいるUR団地は全ての部屋にエアコンが付けられるようになっていない。子供が三人いるし、ミニマリストにもなれない収集癖もあるから、部屋数の多さだけで選んだURだった。 東京から現地を見ることもできないまま、間取り…

包丁に困る!(主夫篇)<YOSHIKINのGLOBAL包丁がお気に入りです>

「グローバルの包丁を選んだわけ」 困ったことがあった。 僕は料理をする。料理をするということで、サッポロ一番の話を書いてしまったけれども、インスタントラーメンだけじゃなくて、野菜を切ったりお肉を切ったりして、煮たり焼いたり炒めたりと、そんな…

寝落ちに困る!(主夫篇)<深夜の変な時間に目が覚めると...>

「子供と一緒に寝てしまう」 困ったことがあった。 うちでは子供の寝かしつけは基本的に今では妻がやることになっている。長女が2歳の頃までは僕が寝かしつけをしていた。 長女はなかなか寝ない子供だ。0歳の頃はよく泣き喚いていたし、疲れては泣き、眠くな…

サッポロ一番に困る!(主夫篇)<袋麺に何入れる? 僕はストレート派だった>

困ったことがあった。 僕は料理をする。子供の頃から料理をしていた。いや、料理というよりも、ただ卵を焼いてみたり、炒飯を作ってみたり、肉のない焼きそばだったり、具のないサッポロ一番、 他に書きたいことがあった。本当は包丁のことを書こうと思って…

双子の靴に困る!(主夫篇)<おさがりは一点もの>

「靴はいい物を履かせたいだけど、安くすませたい」 困ったことがあった。 次女と三女は双子だ。女の子2人で胎児のときには胎盤を共有するMDと言われる双子だった。双子というと、一卵性か二卵性か聞かれることがあるが、一卵性か二卵性かはあまり厳密には分…

掃除機に困る!(主夫篇)<バッテリー式の掃除機は活躍する>

「パーツまで吸引してしまったのか?」 困ったことがあった。 僕はバッテリータイプの掃除機は使っていなかった。掃除機はコード式じゃないと充電が心配だったし、パワーが足りないんじゃないかと思うのは、昭和生まれの仕方ない思い込みだろう。そして、紙…

職場の愚痴に困る!(主夫篇)<人間関係が苦手なのに不思議だ>

「大変なんだろうけど、たまに羨ましくなる」 困ったことがあった。 僕の本業はフリーランスと言われるもので、決まった職場があるわけでない。取引先みたいなものと直接契約をして、基本的には1人で仕事をしている。企画によっては何人かのチームになること…

休日に困る!(主夫篇)<まだ休日を楽しめない>

「旅に行きたい気持ちが分かった」 困ったことがあった。 困ったことがあったというより、祝日とかの休日はいつも困っている。いつもと違うから困っているのはいつものことで、こうして続けていたらいつも困っているが書き終わらないことになりそうだ。 土日…

イヤイヤ期に困る!(主夫篇)<三人姉妹は三人とも違う>

「イヤイヤ期も子供によって違いがある」 困ったことがあった。 2歳あたりはイヤイヤ期というのがあって、何をするにもイヤイヤと言われ、あれやこれやと言ってきたり、同じことを繰り返し何度も何度も要求してくる。今は無理だよと言っても聞き分けがない。…

ブログに困る!(主夫篇)<ブログをはじめてみたけれど>

「ブログの記事がたまっている」 困ったことがあった。 妻からブログでもやってみたらと言われてはじめてみた。普段からブログなどを見る習慣がなかったということもあって、ブログの作法のようなものが分からないまま続けている。 文章を書くのは全く苦にな…

シャワーに困る!(主夫篇)<三児育児は物理的に詰む>

「子供たちはシャワーが嫌い」 困ったことがあった。 4歳児1人と2歳双子の合計3人の育児は1人育児ではそこまで大変じゃなかったことが大変になる。子連れの買い物はもちろんだけれども、食事や排泄など日常的なことはワンオペでは無理とまではいかないけれど…

おまるで困る!(主夫篇)<幼児三人のおトイレ事情>

「同時は無理だと思うけど、時間差も厳しい」 困ったことがあった。 おまるで困る! とタイトルに挙げてみたら、その切実な悩みと裏腹に、語呂だけは良くなってしまった。日頃、大したこともないことで困った困ったと思っている僕の困りごとが大したことない…

家計簿に困る!(主夫篇)<細かくすればするだけいいけど、細かくつけるとやってられなくなる>

「何のために家計簿をつけるのか」 困ったことがあった。 家計簿をつけるのは僕の担当だった。フリーランスで仕事をしていたということもあり、確定申告などもずっと一人でやってきていたというのもあるし、数字を扱うのは好きだった。妻は所属先がある仕事…

詰め替え用に困る!(主夫篇)<洗濯担当になってみよう>

「脱衣所周りの改善点を教わる」 困ったことがあった。 洗濯機周りは台所と同様に僕の領域だ。しかし、妻もその二つは頻繁に使う場所でもあるため、妻が主に使う場所は特別区として僕の管理の外にある。台所であれば、妻の好きな乾麺などの場所が主にそうだ…

再び結露に困る!(主夫篇)<名古屋にきてから揉め事が増えた>

「壁の結露は無料修繕になった」 困ったことがあった。 我が家の結露はなかなか酷かった。窓の結露は二重窓や木製サッシなどでない限り、どのご家庭でも悩みの種だと思うし、部屋の中をあったかくして、湿度も保つとなれば、結露はつきものになる。 結露は、…

切れ味に困る!(主夫篇)<台所を楽しくするにはまずはいい包丁から>

「包丁にこだわってみたい」 困ったことがあった。 結婚するまで、僕はあまり自炊をしない生活をしていた。18歳で一人暮らしをしてからも、包丁もなく、キッチンバサミだけで十分だろうとか思っていた。それでも、しばらく1人で暮らしていると、なんだかんだ…

プロジェクトに困る!(主夫篇)<育児を仕事のプロジェクトとして考えてみた>

「育児はでかい仕事かもしれない」 困ったことがあった。 僕には言われてもいないことの反論を考える妙な癖がある。ボクサーがシャドウボクシングをするように、シャドウ議論をしているのかもしれない。でも、僕は論客でもないし、議論で誰かを論破したいと…

洗い物に困る!(主夫篇)<水切りラックは必需品>

「対面殺しと言われた水切りラック」 困ったことがあった。 自炊がメインになると、当然、食器や調理器具の洗い物が増える。洗ったあとにいちいち乾いた布で拭き取ってすぐに食器棚なり、調理器具の棚にしまう人もいるだろうけれども、僕は、水切りラックを…

風邪に困る!(主夫篇)<人の世話をすることは幸福なことかもしれない>

「おちおち寝てられない」 困ったことがあった。 主婦(主夫)には休みがないとか言われるけれども、たしかに家事や育児に休日はない。とはいえ、二人体制で行なっていれば、それぞれの分担を肩代わりなどをして、休日とまではいかないけれども、休日に近い…

オイルクロスに困る!(主夫篇)<扱いに困る服はなんだか愛おしい>

「オイルティンクロス(Oil Tin cloth)を洗濯する」 困ったことがあった。 アメリカで出会った服に、オイルを服に塗った防寒用のアウターがあった。お店の一角に古臭い感じのコーナーがあり、そこには、オイルに塗れたジャケットやコートがたくさんあった。…

買い物で困る!(主夫篇)<買い物は遊びじゃない>

「日曜日のスーパーマーケットには行きたくない」 困ったことがあった。 普段の買い物は僕の担当である。妻も一月に一回くらい買い物をしているが、妻の買い物は薬局や雑貨などで、僕が使う用途も分からないようなものを買ってくる。 僕が買うのは牛乳から野…

フードロスに困る!(主夫篇)<無駄な買い物が招く事態を想像した>

「我が家のブーム」 困ったことがあった。 料理を担当するようになってから、食材の管理は僕の仕事になった。冷蔵庫や食品収納のスペースを把握することは、料理担当の重要な仕事でもある。 いつも消費する食材というのがある。家庭によってばらつきがあると…

洗濯表示に困る!(主夫篇)<洗濯の奥深さに触れる>

「洗濯の師匠」 困ったことがあった。 僕は洗濯のことをあまり知らなかった。洗濯は洗濯機に放り込んで適当に洗剤を入れて、その後に干せばいいと思っていた。若い頃は洗濯機もなかったので、二週間分くらいの洗濯物を抱えてコインランドリーに行って洗濯と…

野菜の相場に困る!(主夫篇)<野菜の気持ちが分かることもある>

「野菜の値段はどうなっているのかな?」 困ったことがあった。 僕は値札をあまり見ずに買っていた。お金持ち発言みたいな感じになってしまった。スーパーマーケットの見慣れた食品の場合は、値札をあまり見なかったというだけで、靴や洋服屋などは値札から…

朝食に困る!(主夫篇)<概念としてのトマトを中心に概念としての朝食を摂る>

「トマトと牛乳って一体なんだろう」 困ったことがあった。 僕は毎朝同じものを食べる。日本とアメリカでは全く同じものが手に入るわけではないから、環境が変化したときには落ち着かない。また、お皿の上に何をどこに置くかも決まっている。お皿が変わった…

肌と革に困る!(主夫篇)<赤ちゃんの肌と革靴の保湿にハマる>

「保湿について」 困ったことがあった。 乳幼児の世話の中でも大切なことの一つとして、保湿というのがある。とくに冬場は乾燥しがちな肌を守るためにも、ベビーワセリンやベビーローションなどを風呂上がりに一回、肌が荒れてそうであれば、朝にも一回塗る…

育児時間に困る!(主夫篇)<どのくらい育児に時間をさいているのだろう>

「育児の時間を計算する」 困ったことがあった。 僕はすぐに計算してしまう癖がある。なんでもかんでも数字化してすっきりしたいと思ってしまう。そんなことから、育児にどのくらい時間を割いているのかとか、そんなことをやってしまうことがある。 そんなこ…

きれい好きに困る!(主夫篇)<トイレ掃除は趣味なのか、信仰なのか>

「トイレ掃除利権をめぐる争い」 困ったことがあった。 僕も妻も少しきれい好きと言われるタイプだと思う。チリ一つ、ホコリ一つ残さず掃除するとか、障子の桟に人差し指をつつーッとはわせて、「ほら、ここにもホコリが」なんてやるタイプではないけれど、…

ゴミ捨てに困る!(主夫篇)<ゴミ捨て担当が家庭の権力を握る方法>

「ゴミ捨ての力」 困ったことがあった。 ゴミ捨ては男性が行う家事の中でも上位にランキングされている。たぶん、毎日のことじゃないし、決まった曜日だけなら家事をあまりしない人でも役割としてやっているということなんだろう。しかし、ゴミ捨ては家事と…