いつも困っている

家事と育児(三人姉妹で二人は双子)に対峙する男の日々

問題の共有に困る!<5>(自閉症児篇)<新しいお友達との物のトラブル>

問題の共有に困る!<4>(自閉症児篇)の続きになります。

 

長女が転園した先の新しいお友達も、以前、長女と仲良くなったお友達とどこか似ていた。とてもハキハキしていて、サービス精神旺盛、口がうまくて、どこかませている。ちょっと話しただけで、頭の回転がいいのがわかる。これはうちの三女にも同様の性質を感じている。大人相手にもものおじせずに、きちんと話すことができる。多少の生意気な口調も、子供特有の愛らしさで大人たちの口元を緩ませる。好奇心旺盛でリーダーシップをとる。将来有望な感じがするお友達だ。

 

そんなお友達が遊びに来てくれて、長女はとても喜んだ。しかし、我が家は彼女に荒らされていた。入っちゃいけないという部屋に入り、机の上に登って、大人からしても高い位置にある棚を漁ったようだった。子供は危ないことをするのが好きだとはいえ、これまでそこに登っていたずらをした子はいなかった。そして棚の上から、僕が長女のためにとっておいたシールを見つけたようだった。

 

困ったことがあった。

 

その新しい友達は、シールを見つけただけにとどまらず、そのシールを自分の物だと宣言していた。そのことが分かったのは、長女と喧嘩になったからだった。喧嘩の仲裁に入った僕も最初は何がなんだか分からず、お友達が持ってきたシールを長女が欲しがっているのかと思った。長女にしては珍しいが、そんな子供らしいこともあるかもしれないと思って、長女に「人の物を欲しがらない」という見当違いな叱り方をしていた。しかし、よく見てみると、そのシールは長女のシールで、しかも、隠していたシールだった。もちろん、お友達のお母さんもその場にいたが、何も言わない。せめて、自分の子供が持ってきていないシールであることを言ってくれれば、この混乱にも収拾がつくのだけれども、何も言ってくれないものだから、お友達は「自分のシールである」とずっと主張しつづけ、長女は長女で、妻の仕事部屋にあったシールなのだから、「自分のシールである」と主張することになる。大岡裁きも難しい。

 

僕は、僕のシールであることを主張した。

 

大人気ないが、それしか解決方法がなかった。また、そのシールは僕が人から貰ったものなのだから、正確に説明すると、長女が欲しがったプリキュアの映画の前売り券についている非売品のアイテムが手に入らなかったため、メルカリで非売品のアイテムを購入したところ、出品者の方が良い方で、おまけでシールまでつけてくれた、というものだった。長女の物でもあるし、メルカリでの購入者の僕の物でもあった。

 

で、このシールを、他の子供たちをふくめて配るために、ハサミで切ってそれぞれに渡した。シール事件はこれで解決したけれど、僕の中では、なぜお友達のお母さんは何も言わなかったのだろう、という疑問は残った。自分の娘のシールじゃないことくらいすぐに分かっただろうに、と。

 

その日、お友達ともさよならをして、破損したヘアピンやら、いつも以上に荒れ果てた部屋を片付けていた。うちは子供部屋が屋根裏を合わせて4部屋あって、その部屋がいくら荒れてても問題ないのだけれど、妻の仕事部屋も僕の仕事部屋も侵入されており、家の見積書なども散乱していたのはびっくりした。子供たちに聞くと、どうやら、そのお友達やったようだった。とはいえ、子供のやることでもあるし、探索したくなったのだろう、次からは鍵をつけるなり、前もって入っちゃいけない場所をもう少し強く説明したりすればいいだろうと思っていた。

 

それから数日後、お友達のお母さんから、うちにあったオモチャと三女の洋服が返却された。お母さん曰く、「カバンの中に紛れ込んでたみたい」ということだった。この説明に、多少の違和感があった。紛れ込むなんてことがあるだろうか。全く別々の場所にあったオモチャと洋服だ。もし、これが僕の娘たちだったら、せめて「持ってきちゃったみたい」とかそんな説明をして謝罪して、娘たちには、人の物を持ってきちゃったら泥棒になっちゃうよ、くらいは言って、直接、謝罪させるだろう。厳しすぎるかもしれないけれど、人の物を持ってきちゃうことがいけないことだと教えるにはそのくらいは言わなければならないと思っている。子供のやることだから、ということである程度、お互いに大目にみるだろうし、こういう謝罪や叱責などによって人との関係というのを知っていくものだと思っている。何事も経験だ。失敗した経験は無駄にはならないし、幼い時期に経験できてよかった、と思うだろう。

 

しかし、お友達のお母さんはそんなふうにはあまり考えていないらしい。「紛れ込んでいた」ということは、持ってきたわけじゃない、と思っているということなのだろう。モヤモヤとしたけれど、他人の子供の躾に口出すわけにもいかないから、まあ、自分の子が人の物を取ってきてしまうとは思いたくないのだろうなあ、と思っていた。そして、僕はその子というよりも、そのお母さんの発言によって、ちょっとその子にはうちに遊びにきて欲しくないなあ、と思うようになった。

 

問題の共有に困る!<6>(自閉症児篇)に続きます。

問題の共有に困る!<4>(自閉症児篇)<問題意識が共有されていない場合は難しい>

問題の共有に困る!<3>(自閉症児篇)の続きになります。

 

物のトラブルは、普通の子供たちの中でもよく起こることだと思うし、そんなに気にする必要はないと思う人もいると思う。「子供同士のやることだから」というものだ。とはいえ、子供同士で自然にルールを覚えていける子もいれば、大人になっても物のトラブルが絶えない人もいる。会社のお金を横領したりする人などがいるのも、きっとこの自他の区別が苦手な人なんだろうと思う。子供同士とは言っても、小学生あたりでも自他の区別が苦手な子は、僕が子供時代にもたまにいたし、そういう子供はいじめられる、とまではいかなくても、一緒に遊ぶのを避けられるような状態なっていた。ガキ大将であればジャイアンだし、ガキ大将じゃないジャイアンだと、なんていえばいいのかちょっと分からない。ジャイアンのび太はコインの裏表みたいなものかもしれない。

 

障害には早期介入が必要とも言われる。子供同士と大きくくくるよりも、その中でもどんな状態なのか知ることは、子供にとっても必要なことだと僕は思っている。早期に社会的なトレーニングを行えば、改善したりすることもたくさんある。しかし、多くの保護者にとって、自分の子供が発達障害なのでは? などと思うことは難しいことだし、できるだけ普通の子供と一緒だと思いたいという気持ちあることは仕方ない。また、他の子供がいる家庭と親密な関係があったり、兄弟姉妹があれば、気がつきそうな子供の発達や状態も、人付き合いもなく、兄弟姉妹がいないと、比較対象がないことから、「子供はみんな一緒」と思うことから、それぞれの障害特性に気がつくのも遅れてしまう。

 

うちの場合は、たまたま障害に対して積極的な取り組みをしているボストンで子育てをしたというのもあるし、たまたま知り合ったママ友が障害に対して真剣に取り組んでいる方だったということもあって、長女の障害にはやく気がつき、早期介入を受けることができたというのがある。自閉症や知的障害であれば気がつく機会が多いけれど、ADHDの場合は、子供らしさ、ということでなかなか気がつかない。ちょっと激しい子くらいにしか思えないのもわかる。ちなみに、うちの三女は、ADHDの疑いがあるが、まだ診断は受けていない。

 

困ったことがあった。

 

新しい友達はうちにくると、子供のおもちゃ以外も荒らしまわった。子供の手が届かないようにしている物も椅子を積み上げて取ろうとしたり、マイナスドライバーで開ける点検口も果敢に開けようとしたようだった。これが分かったのは、子供部屋になっている小屋裏に全館空調のフィルターなどがある点検口があるわけなんだけれども、普段は、子供の机などを置いて触れないようにしているのに、机が動かされ、近くには、折れたヘアピンが落ちていたことで発覚した。長女に聞くと何も言わない。ちなみに、このヘアピンも長女がお気に入りのもので、保育園にはつけていかない物だった。次女三女に聞くと、その新しい友達が机を動かして、点検口を開けようとマイナスドライバーの代わりにヘアピンを使ってネジを回そうとしてヘアピンを折っていたということだった。長女は壊れたお気に入りのヘアピンになんの関心も示さなかった。

 

それと、長女が落ち込んでいるときにあげようと思ったプリキュアのシールを、妻の仕事部屋の棚の上に隠していたが、これも、入っちゃダメと言っていたのに、仕事部屋に入って、机によじ登り、棚を物色して発見したようだった。このときは、子供たちが多すぎて一人一人の動きが追えないというのもあったし、大人たちは食事をしていたというのもある。目を離しすぎと言われればそうかもしれないけれど、ドアを閉めていても入ってしまうとなると、どうしたらいいのかちょっと分からない。全部に鍵を掛ければいいのかもしれないが、うちの子供たちだけのときは、閉まっているドアは開けないというルールに従うので、わざわざというのもある。

 

シールがゲットされてしまっただけなら、とくに問題はない。お友達と遊ぶためにシールが必要であれば使えばいいし、そもそも、子供部屋には一緒に遊べるようにシールも含めてそういったものをたくさん用意しておいた。シールもおもちゃもたくさんあった。にもかかわらず、妻の仕事部屋に入って机によじ登って、棚の上を物色し、そこからシールを手に入れるとは思ってもみなかった。シールどうこう以前に、危ない。

 

問題の共有に困る!<5>(自閉症児篇)に続きます。