いつも困っている

家事と育児(三人姉妹で二人は双子)に対峙する男の日々

「ランキングに困る!」<中>(自閉症児篇)<嫌なら出てけ、名古屋から>

都道府県寛容性ランキングというのがあった。最下位の島根のことよりも、大都市を有しながら13位である愛知県の方が不穏なものを感じてしまう。という話を「ランキングに困る!」<上>で書きました。その続きになります。

困ったことがあった。

名古屋の人は、名古屋の悪口を言われると、「嫌なら住むな」「出てけ」というような反応をしがちだ。不寛容さのお手本みたいな反応だ。都市というのは、好きで住むというよりも、学業や仕事などの関係で仕方なく住むことがあるから都市になっている。これがど田舎の何もないようなところであれば、「嫌なら住むな」と言われたら、そうか、と思える。嫌でも住まないといけない人たちが集うから都市になるし、またそういった外から来る人によって成り立っている部分があるから都市になる。そんなことから結果、制度にしても気質にしても、寛容にならざるを得ないというのがあって、寛容性が上がるわけだ。

 

しかし、名古屋の場合は、田舎のように「嫌なら住むな」と言えてしまう。これには地場産業が強いとか製造系が多いとかいろいろなことがあるだろうけど、田舎と同じ考え方のまま都市のような大きさになってしまった。名古屋が大きくなったのは、東京と大阪の間だったという理由しかないのではないだろうか。余所者は通り過ぎて行くだけだから、受け入れる必要がないということで成立したのだろう。嫌なら住むなが成立したのかもしれない。嫌なら足早に通り過ぎればいいのだ。

 

長女の問題で名古屋市と揉めたときに思ったのは、寛容性のなさというものだった。通常とは違う人を受け入れる気がないのだ。遠方に住んでいるから保育園の見学が難しいと言っても、障害の程度が見たいから、障害児同伴で名古屋まで来るようにと平気で言えるのが名古屋の保育園だ。そしてわざわざ出向いても、障害児は15時30分までしか預かれないという事実上の預かり拒否を平気で言うのも名古屋の保育園だ。そのことを区役所に相談しても「預かり時間は園長が決められることなので」といって相談にもならないのが名古屋の区役所だ。もちろん、市役所も同じだった。寛容性など考えこともないのだろう。

 

寛容性ランキング13位にしたって怪しげなものだ。ただ大きな都市があるから底上げされただけで、実質はもっと低いのではないか?と思ってしまう。大きな田舎とか大きな村と言われるのは、寛容性のなさを指して言われているということが名古屋人には分からない。そもそも寛容性なんて既得権益を脅かすだけの危険な考えなのだから、地元民だけで構成された場所においては不要のものだろう。

 

名古屋市と戦う準備ができたにも関わらず、僕が名古屋市を出ていくことを決めたのは、数人の保護者たちと話して、無理だと思ったというのがある。

 

「他と比べることはナンセンスだ」と言った保護者のことはすでに書いた。この発言は、寛容性のなさにも繋がるし、都市においてはなかなかお目にかかれない語録でもある。

 

人が多く集まるとこには、多様性というものが生まれてしまう。そのため、それまでうまくいっていても、別の人の参加によってうまくいかなくなることがある。郷に入りては郷に従えというやり方が通じるのは、小さな組織や田舎での話だと思う。余所者が多く集まる都市においては成り立たない。

 

都市は多様性に対応する。そうやって多くの人たちがいられるようにする。こんなことは今更言うことでもないし、なぜこんなことを書かなければならないのか分からないくらいだ。

 

多様性や寛容性のために、他の場所などの取り組みを参照するというのは良くあることだ。例えば、東京などは、多様性の先進国でもあるアメリカの都市部の制度などを取り入れようとする。他と比べることがナンセンスだとは思われていない。ボストンなどでも、たとえば育児や教育などはフランスだったりドイツだったり、他と比べて取り入れていた。他と比べることはナンセンスではないと思っているからだ。

 

しかし、多様性が求められていない田舎であれば、これまで通りうまくやっているのだから、他と比べることもないだろう。都市のやり方をそのまま採用したところで、そもそもの人数の差や、費用対効果などを考えたときに採用できないモノも多い。そのため、田舎ではそもそもの多様性の少なさから、寛容性も少なくなる。この場合は、「他と比べることはナンセンス」ということを言う人もいるだろう。場合によっては田舎でも、このような意見を言う人は頑迷固陋と言われてしまうかもしれない。

 

大都市名古屋は、「他と比べることはナンセンス」「嫌なら出ていけ」と、名古屋が批判されると口癖のように言ってしまう。言えば言うほど田舎者であることを露呈しているわけだ。そうなると、「名古屋は大きな村」とか「名古屋は大きな田舎」とか形容されるのも仕方ないと思う。

 

僕がこんなに名古屋を嫌うのも、昨年のすったもんだがあるからだということで許してもらいたい。それに、名古屋のことを悪く言っているけれども、愛知県のことを悪く言っているわけではないのです。不寛容ランキング13位に愛知県がなってしまったのは、名古屋の不寛容性が原因だと僕は思っている。

「ランキングに困る!」<上>(自閉症児篇)<都道府県、寛容性ランキング>

「名古屋からは出て行くことにした」(長女4歳9ヶ月)

 

困ったことがあった。

 

長女の障害者差別解消法による合理的配慮をめぐって、名古屋の保育園と揉めた。そして、社会福祉協議会、市役所、保護者の会、市議、新聞社などの名古屋で頼れるところは全部頼ったけれども、名古屋に関係するところは全滅だった。長女の合理的配慮がなされるようになったのは、厚生労働省内閣府総務省からの助言と、名古屋市への踏み込んだ説明によるところが大きく、名古屋でだけで考えていたら、僕はきっと市役所で大暴れすることになってしまったろう。

 

僕は名古屋で生きて行くつもりだったし、障害児に対する名古屋市の取り組みがどの程度のものかということに僕が無知だったということもあるし、名古屋市の問題点も分かってきた。それに法律の知識も手に入れたし、専門家とも繋がった。問題が解決した後も、別の専門家と話す機会があり、今後、このような問題があれば協力してくれることにもなっていた。

 

僕は名古屋で障害児の育児をする準備が整った。

 

保育園でも他の障害児の保護者と話すことがあり、多くの障害児の保護者が困っているらしい。名古屋市における統合保育にそもそもの問題があることは、僕が市役所に指摘してからは、市役所の役人もごまかさなくなってきた。制度の不備を認めるようになっただけでも一歩前進だ。また、名古屋市の保育園の現状についても改めて調査をするということだった。

 

ちなみに、市役所の担当部署の課長は別の人に交代していた。新しい人はそれなりに誠実な印象がある。まず、メールも数日のうちに返信してくる。1ヶ月放置とかはしない。対応も満足するとまではいかないまでも、下手に身内を庇うこともなく、それなりに公平に対処している。

 

これは良くなっているということなのではないだろうか? とそんなことを考えてしまった。

 

もちろん、よくなっている。よくなっているのだけれども、本質的なところは変わらない。

 

都道府県寛容性ランキングというのがある。話題になるのは、最下位の島根なんだけれども、島根は一度行ったことがある程度だから島根のことをどう思うと言われても困るし、島根で暮らしたこともないし、育児をしたわけでもない。ただ仕事で行って、田舎だなあと思ったという程度だ。田舎に寛容性がないのはいちいち言うまでもないし、田舎なら寛容性がないのも仕方ない。わざわざ外から来る人が少ないのだから、寛容になる契機も経験も少ない。それを考えれば、田舎であればあるほど寛容性は低く、都心であればあるほど寛容性は高い。当たり前のことだろう。

 

寛容性ランキングでは、東京や大阪、神奈川などが高くなっている。大都市だし、余所者がたくさんくるのだから、寛容性がなければ都市は成り立たない。東京など、外部から来た人からすれば冷たいみたいに言われることがあるけれども、少なくとも公共的なモノや制度は寛容性が重視される。多くの人が関わる都会で排他的、閉鎖的であったら問題になってしまうからだ。

 

では、大都市名古屋市や大企業トヨタがある豊田市などの日本でも有数の都市を有する愛知県は何位だろうか。

 

愛知県は寛容性ランキングで13位だった。僕が大好きな高知県が12位だ。高知は山ばかりで有名だ。自由とは土佐の山間より出ず、とか高知駅からちょっと行ったところの石碑に書いてあったくらいだ。山が多い。それは都市の要素というより田舎の要素だ。

 

大都市を有する都道府県のランキングは軒並み高い。日本第三の都市と言われる名古屋市があるのだから、1位、2位は難しくとも、5位、6位くらいにはランクインして欲しいところだ。しかし、13位だ。14位は宮城だ。仙台という都市を抱える宮城だ。ということは、名古屋は、第三の都市と言いながら、都市における重要な要素でもある寛容性でいえば、仙台と同じくらいになってしまう。宮城の方には申し訳ないけど、仙台くらいしか都市がない宮城だ。仙台から少し行けば田舎の景色しかない宮城だ。それに仙台は名古屋に比べると規模が小さいように思うのに、おかしい。

 

愛知は、東京と大阪に次ぐ都市を抱えているはずなのに、ライバルの北海道や福岡にまで完全に負けている。福岡と愛知の差は、愛知と群馬の差みたいなものだ。それに、寛容性がないことで有名な京都よりもランクが下だ。名古屋という日本大三の都市があるはずなのに、どういうことだろう。

これは名古屋に住んでみれば分かります。東京にだって村はあるし、僕が育った多摩地区みたいなところもある。どの都道府県にも閉鎖的、排他的な地域はあると思う。排他的な地域の不寛容性さは、それぞれの都市部が持つ寛容性でカバーされている。そのため、都会と言われそうな都市を持っていない県のランキングが低いのはしたかない。しかし、名古屋という日本有数の都市を抱えながら、寛容性ランキングが13位になるというのは、やっぱり名古屋が不寛容だからじゃないかと思う。

 

寛容性ランキングの最下位が島根であることを指摘するよりも、愛知県が13位であることに注目した方がいい。愛知県というより、名古屋市の不寛容な体質は、外から来た者にとってちょっと異常だ。京都のようないけず文化なら覚悟して行くだろうけど、まさか名古屋で京都以上の不寛容さに触れるとは思いもしなかった。


またまた長くなってしまいました。今回は、<上><中><下>の三つに分けます。名古屋は大変なんです、余所者にとって。続きは「ランキングに困る!」<中>(自閉症児篇)になります。